センター概要 - 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センター センター概要

メニュー

センター概要

文化学園の国際交流活動

新宿 文化学園クイントンビルの風景

 1953(昭和28)年にフランスのデザイナー、クリスチャン・ディオール氏一行を招聘してファッションショーを開催、翌1954(昭和29)年5月、文化服装学院がニューヨークタイムズ紙上で紹介されてから、文化学園には世界各国から多くのファッション関係者や要人が訪れ、その後60年以上にわたって海外の学校、政府・企業とも活発な交流を行ってきました。
 1982(昭和57)年、文化外国語専門学校が文部省(現文部科学省)から専修学校専門課程に進学する国費留学生の日本語教育委託校に指定されてからは、世界中から優秀な留学生が集まるようになりました。
 1999(平成11)年には、文化女子大学(2013年より文化学園大学)が国際ファッション工科大学連盟(IFFTI)の発足メンバーとして、アメリカのニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)やイギリスのセントマーティンズ芸術大学で知られるロンドン芸術大学など世界各国のファッション教育の有力校とともに参加しました。
2002(平成14)年には学園全体の国際交流の窓口として文化学園国際交流センターを開設し、提携校との交流活動促進のほか、在学生の海外への留学相談、外国人留学生への情報提供など、多様な交流活動を展開してきました。
 2005(平成17)年11月、IFFTIに日本で唯一加盟している文化女子大学(現文化学園大学)が、IFFTI国際会議・年次総会を本学園で開催したことも、海外の教育機関との交流を深めるきっかけとなりました。
 2014(平成26)年1月には、本学で2度目のIFFTI国際会議・年次総会を開催。世界のファッション教育関係者約500名が集い、研究発表や意見交換を行いました。
 今後、本学園が国際化社会に対応できる人材を育成し、ファッション教育の世界的評価を高めていくためには、海外との交流をさらに広げ、提携校との協定・協力内容をより具体的に展開し、グローバルな教育環境を整えていくことが必要になってきています。そのため本学園では、より一層、海外提携校との交流や留学制度の充実に力を入れています。


海外提携校

 1969(昭和44年)、文化服装学院が世界的に有名なアメリカのニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT, Fashion Institute of Technology)と姉妹校の提携を結んで以来、文化学園の海外提携校は年々数を増し、現在、学園全体で13ヶ国35校、大学は3ヶ国5校、学院は1ヶ国1校、外語は1ヶ国1校とそれぞれ学術交流協定を結んでいます。
 今後はこれら提携校との間の短期・長期の留学、教職員の交流、セミナー、共同研究など、さまざまな国際交流プログラムの開発と展開が期待されています。


海外からの留学生

 戦後、アジアを中心とする海外からの留学生の数は増え続け、2008(平成20)年、文化学園4校(文化学園大学、文化ファッション大学院大学、文化服装学院、文化外国語専門学校)に在籍する留学生の総数は1,300名を超えました。東日本大震災後、一時減少したものの、現在は1,500人あまりの外国人留学生が本学園で学んでいます。
 また、留学生の約9割は韓国や中国など近隣アジア諸国からの留学生ですが、ここ数年、ヨーロッパやアメリカ、アフリカからの学生も増え、実に40を超える国からの留学生たちがそれぞれの夢に向かって勉学に励んでいます。





-->