学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー
<< Back 1 2 3 4 5 Next >>

タイ 泰日工業大学 日本語短期研修

2011年2月26日(土)‐3月20日(日)

2011年6月1日 更新

泰日経済技術振興協会が母体で日本とも関わりの深いタイの泰日工業大学(Thai-Nichi Institute of Technology)から学生25名、教員1名が来校し、文化女子大学(現・文化学園大学)の小平キャンパスで日本語短期研修の受入れを行いました。学生たちは工学部、情報学部、経営学部など専攻は様々ですが、日本語のできる技術者を目指して勉学に励んでおり、一生懸命日本語で表現しようとしている姿が印象的でした。書道、華道、茶道、浴衣着付け、高校訪問など課外活動として様々な日本文化を体験しましたが、3月11日の大震災の影響で鎌倉への研修が中止になり、予定を5日間早めて帰国することになりました。学生たちがさよならパーティで歌ってくれた「上を向いて歩こう」にはスタッフ一同、感激しました。


韓国 世界伝統服飾招待展示会−伝統の香り−

2011年2月15日(火)‐18日(金)

2011年4月12日 更新

韓国の「伝統的な香り」をイメージする衣服や服飾雑貨などの作品展示会が本学スペース21(20階C201)にて4日間開催されました。この展示は韓国の(社)世界伝統服飾文化研究院の主催によるもので、会場には韓国の伝統的な宮廷風衣装やチマチョゴリを現代風にアレンジしたドレスなどのほか、韓国のパッチワークであるポジャギの小物など、約60点に及ぶ作品が展示されました。初日にはオープニングパーティが開かれ、世界伝統服飾文化研究院院長による展示解説も行われました。


韓国 慶熙大学校アパレルデザイン学科 短期研修

2011年1月18日(火)-2月17日(木)

2011年4月1日 更新

韓国の慶熙大学校国際キャンパスから、アパレルデザイン学科の学生10名と講師1名が短期研修のために来校しました。これは、慶熙大学校の海外グローバルコラボレーションプロジェクトの一環として実施されたもので、研修を通じて専攻教育の向上およびグローバルリーダーを育成することを目的としています。研修では、文化服装学院で「生産管理実習」や「シューズ制作実習」などの授業のほか、文化女子大学で「ベレー帽制作実習」や「日本のファッションビジネス講義」などの授業を受講し、充実した日々を過ごしました。特に最後の3日間は大学のコラボレーション授業「ファッションスタイルリミックス」に参加し、日本の学生と共に熱心に作品作りに励みました。



<< Back 1 2 3 4 5 Next >>