学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー
<< Back 1 2 3 Next >>

2017 グローバル・ファッション・セミナー②

2017年5月25日(木)

2017年5月26日 更新

 パリのパターン制作専門学校、アカデミー・アンテルナショナル・ド・クープ・ド・パリ(AICP)から、学校長のジャン・フィリップ・ヴォ―クレー(Jean-Philippe Vauclair)氏をお招きし、「パリの一流メゾンを支える素晴らしき日本人パタンナーたち」と題して、現在パリで活躍している日本人卒業生(鈴木健次郎、中田優也)とフランス人卒業生(Olivia Douchez)の事例を紹介しながら、ヨーロッパのファッション業界が求める人材像についてお話いただきました。
 セミナーでは、ヴォークレー校長のお話をAICP事務局長の吉田氏が日本語に逐次通訳し、参加した70人を超える教職員と学生はメモを取りながら熱心に聞いていました。成功した3人にいえること、そして最も大切なことは「夢を持ち続けること、コミュニケーション力、技術力」というメッセージが印象的でした。


2017プレゼン・セミナー②「実践!プレゼンテーション」

2017年5月16日(火)

2017年5月17日 更新

 5月2日に開催した第1回のセミナーでは、たくさんの学生と教員の皆さんにご参加いただき、基礎的なプレゼンテーション技法を学びました。
 2回目の今回は、2人の学生が、先日教わったことを取り入れて10分以内のプレゼンテーションを実践し、講師のヒートン氏がフィードバックを行いました。
 発表者は文化学園大学服装社会学科の4年生と文化服装学院のファッション工科基礎科の1年生。それぞれ「和柄、サマージャケット―私が和柄で洋服を作った理由」「自然に学ぶ未来の技術」というテーマで発表しましたが、2人とも堂々と、理路整然と話を進めることができ、講師のヒートン先生からも高評価をいただきました。
 国際交流センターでは、今後の第3回(6月13日)、第4回(6月27日)、第5回(7月11日)での発表者も募集中です。
 プレゼンテーションは慣れることが上達への近道です。学内の皆さま、ぜひ参加してください!


2017プレゼン・セミナー①「世界に通じるプレゼンテーション技法」

2017年5月2日(火)

2017年5月8日 更新

 3月に実施して好評をいただいたプレゼン・セミナーを拡大し、5月から5回シリーズでプレゼンテーションの基礎講座を開催することになりました。
 講師は前回と同じくバークレーハウス語学センターのキャロリン・ヒートン(Carolyn Heaton)氏。
 第1回のセミナーでは、プレゼンの準備やプレゼンの構成、魅力的なプレゼンにするためのテクニックなど、プレゼン成功のためのコツを教えていただきました。
 セミナーには45名の学生と教職員が参加し、「今日の話を作品発表の時に生かしたい」「とてもためになった」など前向きな感想が寄せられました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー①

2017年4月25日(火)

2017年5月1日 更新

 テキスタイルの街として有名なスウェーデンのボラスより、ボラス大学(University of Boras)テキスタイル・スクール(Swedish School of Textile)のジョエル・ピーターソン(Joel Peterson)准教授をお招きしてセミナーを開催しました。
 テーマは「北欧のファッション・デザイン―H&M、マリメッコから革新的な小ブランドまで(Scandinavian Fashion Design ―From H&M and Marimekko to small innovative Brands)」で、北欧の長い伝統を持つ人気ブランドから、新しいビジネスアイディアを持つ革新的な企業までを紹介していただきました。
 また、ピーターソン氏の専門分野である、新しい衣服素材としてのペーパーヤーン(紙糸)についての解説もあり、50名を超える来場者は皆、興味深く耳を傾けていました。



<< Back 1 2 3 Next >>