学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

2017 グローバル・ファッション・セミナー⑥

2017年9月28日(木)

2017年9月29日 更新

 ビジネスシーンからフォーマル、カジュアル、レディスまで、新しい着こなしを提案するブランド「オリヒカ」。昨年に続き今回も、英国人クリエイティブディレクター、サリーム・ダロンヴィル(Saleem D'Aronville)氏をお迎えし、英語によるセミナーを開催しました。
 テーマは「現在、過去、未来のクリエイティブ・ディレクション(Past, Present , Future Creative Direction)」で、英国人のダロンヴィル氏ならではの視点で日本での仕事やクリエイティブシンキングなどについて、お話ししていただきました。集まった学生は12名程度でしたが、質疑応答が活発に交わされ、充実した内容のセミナーとなりました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー⑤

2017年9月12日(火)

2017年9月20日 更新

 チリのテキスタイル専門家、サンドラ・コピア(Sandra Coppia)氏を迎え、「南米アンデス地方のテキスタイル―先コロンブス期から現在まで(Textiles from The Andes-from Pre-Columbian times to now)」をテーマに英語によるセミナーを開催しました。
 アンデス地方のテキスタイルや自然の染料で染められた糸など実物資料を用いてのお話は大変興味深いもので、学生たちも手で触感を確かめながら耳を傾けていました。


作品展「チリからのアップサイクル」

2017年9月12(火)~15日(金)

2017年9月20日 更新

 残布やビンテージ素材から、世界に一つしかない新しい価値を秘めた作品を生み出すチリ人デザイナーのホアナ・ディアス(Juana Diaz)氏。テキスタイルリサイクルのパイオニアともいわれる、ディアズ氏の作品展を9月12日(火)~15日(金)にF館ギャラリーで開催しました。
 11日(月)にはオープニングセレモニーも行われ、駐日チリ大使館の関係者が出席しました。
 会場には、ステッチとパッチング技法を用いたディアズ氏のユニークな作品23点が展示され、多くの来場者が足を止めてじっくりと見入っていました。


台湾 実践大学(台北キャンパス) 短期研修受入れ

2017年7月24日(月)~27日(木)

2017年7月31日 更新

 台湾の実践大学台北キャンパスから学生16名が来日し、本学園で4日間の短期研修を行いました。今年も文化ファッション大学院大学(BFGU)の協力で、立体裁断、メンズの一般知識、染色実習などの授業を受講し、(株)オンワードで日本の企業の見学も行いました。
 学生たちは大変熱心に授業に取り組み、充実した日々を過ごして帰国しました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー④

2017年7月20日(木)

2017年7月21日 更新

 英国セントラル・セント・マーチンズ芸術大学でファッションプリント科長を務めるエリサ・パロミノ(Elisa Palomino)氏を講師にお招きし、「セント・マーチンズ芸術大学のファッション産業コラボ―教育と産業における持続可能性の重大さ(Central Saint Martins Fashion Industry Collaborations―The Importance of Sustainability in Education and Industry)」をテーマにグローバル・ファッション・セミナーを開催しました。
 会場には35名の学生と教職員が集まり、セント・マーチンズのさまざまな取り組み事例に関する興味深いお話を、頷きながら聴いていました。