学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

タイとマレーシア大学からの短期研修受け入れ

2019年1月29日(火)~2月1日(金)

2019年2月4日 更新

 タイのタマサート大学とマレーシアのサイトウ・ユニバーシティ・カレッジから学生がそれぞれ9名と14名の計23名来訪し、本学で短期研修を行いました。
 学生たちは29日(火)の午後から学内を見学し、夕刻にBFGUのファッションショーを鑑賞しました。一日置いて31日(木)は午前に「初級日本語」、午後と2月1日(金)は「立体裁断」の授業を受講しました。立体裁断では本学院卒業生の引率教員が英語で通訳を務め、学生たちはタイとマレーシアで国は違えどそれぞれ実習を楽しんで受講していました。
 


グローバル・ファッションセミナー⑮

2019年1月24日(木)

2019年1月28日 更新

 英国セント・マーティンズ大学院でポートフォリオを教えた経験もあるデザイナーの山本奈由子氏による3回目の個別指導講座「奈由子先生のポートフォリオ講座」を開催しました。
 今回も希望学生5名(大学1名、大学院3名、BFGU1名)へ、一人ひとり丁寧に個別指導をしてくださいました。今回指導を受けた5人はすべて留学生。特に、英語で授業を行う大学院のグローバルファッション専修の学生には山本先生から英語でアドバイスをいただき、学生たちからは「非常によい経験になった」「またこのような機会がほしい」と好評でした。


台湾 実践大學(高雄キャンパス)短期研修受け入れ

2019年1月15日(火)~18日(金)

2019年1月21日 更新

 台湾の実践大學高雄キャンパスからファッションデザイン学科の2年生と3年生の学生13名と教員2名が来校し、文化服装学院生涯学習課の協力で4日間の短期研修を行いました。
 引率してこられた楊宜昌教授は2017年に高雄キャンパスで本学院の辛島敦子先生の「デザイン発想とパターン」の特別講義を実施された方です。
 生産管理実習室の設備を実際に使用して4日間で台襟付きカラーシャツ長袖(レディース)を製作するというこの研修は、工程ごとに文化服装学院の成田邦子先生による示範を見てから実際の作業を繰り返していくものです。学生たちは先生の手際良いアイロンの掛け方やミシンのかけ方を吸収するように観察して真剣に作業に取り組み、自作のシャツを完成させることができました。


米国 FIT大学院 1日研修受け入れ

2019年1月8日(火)

2019年1月9日 更新

 年明け早々の1月8日(火)、アメリカのニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)から修士課程の学生と教師合わせて15名が来訪し、文化服装学院生涯学習課の協力で1日研修を行いました。
 研修内容は、ファッションテキスタイル科の太田 繁先生による藍染めの実演でした。素手で作業をするため手指が藍色に染まった先生の手の動きを観察しながら、デニムの研究をしている学生たちから「アメイジング!」と称賛の言葉が連発され、大変盛り上がりました。


グローバル・ファッションセミナー⑭

2018年12月18日(木)

2018年12月19日 更新

 イギリスでも人気のファッションスクール、セントラル・セント・マーティンズ芸術大学から、ファッションコミュニケーション&プロモーション科の主任を務めるオレグ・ミトロファーノフ氏を講師に迎え、英語によるセミナーを開催しました。
 タイトルは「ビジュアルリサーチとアイデア開発」。ビジュアルリサーチという言葉は日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、なぜビジュアルリサーチが大切なのか、それをどのようにより良いものにするのか、そしてどのように作品に落とし込むのかということに焦点をあてたお話がありました。常識にとらわれない考え方の大切さを、参加した43名はそれぞれに心に刻んだことと思います。