学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

2017 プレゼン・セミナー④「実践!プレゼンテーション」

2017年6月27日(火)

2017年6月29日 更新

 この日第4回目となったプレゼン・セミナーは、文化外国語専門学校の日本語通訳ビジネス科の学生2名がプレゼンターを務めてくれました。台湾の学生は英語で「Self-introduction」をテーマに、タイの学生は日本語で「私の大好きな渋谷」をテーマに発表しました。
 海外からの留学生である二人は、母国語ではない言語でのプレゼンテーションながら、非常にわかりやすい表現でさわやかに話をまとめ、講師からもお褒めの言葉をいただきました。


2017 プレゼン・セミナー③「実践!プレゼンテーション」

2017年6月13日(火)

2017年6月14日 更新

 5月のプレゼン・セミナーに続き、第3回目のセミナーを開催しました。前回と同じく2名のプレゼンターが各自10分程度のプレゼンテーションを行いました。
 発表者は文化ファッション大学院大学の教員と文化学園大学大学院博士後期課程の学生で、それぞれ「80年代におけるミヤケイッセイとアシャ・サラバイの取り組み」、「上海におけるビームスとTriple-Majorのマーケティング戦略の比較」をテーマに発表しました。
 両者ともに研究分野の専門的な内容でしたが、話がコンパクトにまとめられていてわかりやすく、ヒートン講師からのフィードバックも高評価でした。
 異なる学校の教員や学生がプレゼンテーションを通して交流し、お互いに刺激を受けて高め合えることは本学園ならではの良さであると改めて感じました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー③

2017年6月8日(木)

2017年6月14日 更新

 米国のニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)から、国際部副部長のヘレン・ゴーデット(Helen Gaudette)氏をお招きし、FITでのファッション教育や卒業生、FITの国際的な取り組み、キャンパスの様子などについてお話いただきました。ちょうどFITの学生の日本文化研修で来日している引率教員が通訳を務めてくださり、会場に集まった60人余りの本学教員や学生にもFITの様子がよく伝わったことと思います。
 学内で日本文化研修中のFITの学生たち11名も参加し、セミナー後半でFITで学んでいることやニューヨークでの生活などを紹介してくれました。
 最後に、2年前に特別留学制度を利用して本学からFITに1年間留学をした学生による留学体験談があり、FITでの留学生活を振り返っての貴重な話を聞かせてくれました。今後、FITをはじめとする米国への留学を考えている学生にとって、経験者の生の声を聴く貴重な機会となりました。


特別留学プログラム説明会

2017年6月7日(水)

2017年6月8日 更新

 本学園と海外提携校(米FIT、英NTU、英AUB)との間には、休学することなく半年間または1年間の海外留学ができる特別留学プログラムがあります。このプログラムを紹介する説明会を文化学園大学国際ファッション文化学科の1,2年生約40人を対象に行いました。
 説明会に先立ち、昨年度英国のAUB(アーツ・ユニバーシティ・ボーンマス)に当プログラムを利用して留学した学生からの報告もあり、充実した留学体験のようすが紹介されました。
 特別留学プログラムに関心をもつ学生からの質問もたくさんありました。日本人学生の海外留学への関心が低下傾向にあるといわれる昨今ですが、参加した学生たちは非常に関心が高いようすで、来年度のプログラムへの多数の申し込みが期待できそうです。
 特別留学プログラムに関心をお持ちの方は、本サイトの「海外留学」のボタンをクリックして募集要項をご確認ください。また、質問や相談のある方は、お問合せフォームからご連絡ください。


米国 FIT日本文化研修受入れ

2017年6月2日(金)

2017年6月6日 更新

 5月27日(土)、本学園の提携校である米国のニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)の学生13名と日本語教員1名が来日し、本学園での約20日間の短期日本文化研修がスタートしました。午前中は学内での日本語の授業、午後は浅草や渋谷、銀座などでの校外研修を行います。
 6月2日(金)の午後には、FITの学生と文化学園大学グローバルファッションマネジメントコースの学生との英語によるフリートークが行われ、お互いの学校で流行しているファッションについてなどさまざまな会話で盛り上がりました。