学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

NTUポール・スミス奨学生プログラム2017

2017年9月29日(金)~11月13日(月)

2017年10月25日 更新

 本学園の提携校である英国のノッティンガム・トレント大学(NTU)から、ポール・スミス社の奨学金を得て4名の大学院生が来日し、9月29日(金)~11月13日(月)の予定で本学園での短期研修を行っています。
 研修では、ファッションクラフトや型染め、ホールガーメントニットなど大学の実習授業のほか、大学のグローバルファッションマネジメントコース4年生との交流授業や着物・茶道体験の校外学習も行っています。本学園からは文化服装学院卒業生のキム・ガウォンさんが奨学金を得て9月より1年間の予定でNTU大学院に留学しています。2009年に始まり、多くの学生が利用したこのプログラムですが、9年目にあたる本年度をもって終了することになりました。


特別講演会「ポール・スミス:そのインスピレーションの源」

2017年10月5日(木)

2017年10月6日 更新

 英国を代表する人気デザイナー、ポール・スミス氏が10月5日(木)、遠藤記念館大ホールで本学園の学生に向けた特別講演を行いました。
 「夢を追うことも大切、そして仕事をして稼ぐことも大事」「身のまわりにあるインスピレーションの源に目を向け、独自性を大切にしたものづくりを」とこれから夢を実現していく学生に向けたポール氏からの力強いメッセージに、会場に集まった学生や教職員のほか関係者を合わせた886名が大きな拍手を送りました。
 ポール氏と本学園とのつながりは深く、1995年に本学園で講演会を開催したのが始まり。2009年にはポール・スミス奨学金による特別留学プログラムが開設され、毎年本学の卒業生1名を英国のノッティンガム・トレント大学(NTU)に派遣。これまで計8名が英国での学びを深めてきました。この奨学金制度への感謝の気持ちを込めて、講演会ではポール氏へ感謝状の贈呈式も行われました。


当ウェブサイト内「お問い合わせ」フォーム作業中のお知らせ

2017年9月29日(金)

2017年9月29日 更新

 当ウェブサイト「文化学園国際交流センター」内の「お問い合わせ」フォームにつきましては、現在作業中のため、しばらくご利用いただけません。
 ご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


2017 グローバル・ファッション・セミナー⑥

2017年9月28日(木)

2017年9月29日 更新

 ビジネスシーンからフォーマル、カジュアル、レディスまで、新しい着こなしを提案するブランド「オリヒカ」。昨年に続き今回も、英国人クリエイティブディレクター、サリーム・ダロンヴィル(Saleem D'Aronville)氏をお迎えし、英語によるセミナーを開催しました。
 テーマは「現在、過去、未来のクリエイティブ・ディレクション(Past, Present , Future Creative Direction)」で、英国人のダロンヴィル氏ならではの視点で日本での仕事やクリエイティブシンキングなどについて、お話ししていただきました。集まった学生は12名程度でしたが、質疑応答が活発に交わされ、充実した内容のセミナーとなりました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー⑤

2017年9月12日(火)

2017年9月20日 更新

 チリのテキスタイル専門家、サンドラ・コピア(Sandra Coppia)氏を迎え、「南米アンデス地方のテキスタイル―先コロンブス期から現在まで(Textiles from The Andes-from Pre-Columbian times to now)」をテーマに英語によるセミナーを開催しました。
 アンデス地方のテキスタイルや自然の染料で染められた糸など実物資料を用いてのお話は大変興味深いもので、学生たちも手で触感を確かめながら耳を傾けていました。