学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

台湾 嶺東科技大学と提携校調印式

2011年11月2日(水)

2012年2月2日 更新

 台湾の嶺東科技大学の趙志揚学長が来園し、本学園と提携校の調印式を行いました。
 嶺東科技大学は1964年に嶺東会計専科学校として台中市に創設された私立大学で、現在は4つの学部(経営、財経、設計、情報)に17の学士課程と11の大学院課程があります。
 設計学部ファッションデザイン学科の陳高生学科長は文化女子大学大学院(当時)の卒業生で、これまでにも本大学で短期研修の受入れ等の交流を行ってきましたが、今後もさまざまな教育プログラムも開発・運営、相互の学生や教職員の学術交流を行う予定です。


文化学園×シンガポールファッション学校 コンクール

2011年10月

2012年2月2日 更新

 文化学園とシンガポールのファッション学校との学生間交流を促進し、ファッション産業における持続可能性(Sustainability)の大切さを認識することを目的に、10月にファッションデザインコンテストが開催されました。
 これは、在シンガポール日本大使館の日本文化発信拠点であるジャパンクリエイティブセンターが主催するコンテストで、文化学園からは30名が参加。そのうち10名が入選し、上位3名が表彰式と現地ファッション学校の学生との交流のために10月15日(月)−19日(水)、シンガポールに招待されました。また、シンガポール側の上位3名は11月2日(水)−9日(水)、文化学園での研修に参加しました。


「文化学園スチューデント・アンバサダー」活動開始

2011年10月

2012年1月27日 更新

 本学園のグローバル人材育成の取り組みの一環として、10月から「文化学園スチューデント・アンバサダー制度」がスタートしました。これは本学学生が海外から来校するゲストへの通訳や学校案内、または交流活動等を通して国際的な視野とマナーの向上を図ることを目的にしています。
 9月末から応募者に面接と研修を行い、22名(大学13名、学院5名、外語4名)のアンバサダー(親善大使)が決定しました。
 アンバサダーの学生は下記のような活動をしています。

●10月14日(金)IFFTI理事会昼食会における海外ゲストとの交流
●11月2日(水)嶺東科技大学(台湾・提携校)学生10名への文化祭案内
●1月16日(月)釜山教育庁日本語教員短期研修(韓国)における日本文化紹介


イギリス ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション 学長講演会

2011年10月12日(水)

2011年10月14日 更新

 10月13日(木)、14日(金)、世界のファッション教育と研究の質の向上を目的に活動する「国際ファッション工科大学連盟(IFFTI)」の理事会が本学園で開催されました。
これに先立ち、12日(水)には理事の一人であるロンドン・カレッジ・オブ・ファッションのコーナー学長が「持続可能なファッション(Sustainable Fashion)」をテーマに特別講演を行いました。サステナブル・ファッション研究の第一人者であるコーナー学長は、華やかなファッション産業の裏側にある悪条件な労働や環境等の問題提起をし、「デザインや価格といった表面にとらわれず、地球の未来のために何ができるのか。まずはファッションへの考え方を変えてみましょう」と今後のサステナブル・ファッションの重要性と課題を語りました。


短期研修プログラム 海外から5グループを受入れ

2011年10月-2012年1月

2012年1月27日 更新

 今年度は秋から冬にかけて5つの海外グループが来園し、短期研修を行いました。
 韓国のグループは文化外国語専門学校で日本語教育についての研修を行い、職員関係者の自宅でのホームステイも体験しました。その他のグループは大学や学院、大学院大学でテキスタイルプリントや染織、パターンメーキングの実習等のファッション研修を行いました。各グループとも茶道やゆかたの着付けなど、日本文化の一端も体験しました。

●イギリス ノッティンガム・トレント大学(NTU)大学院 ポール・スミス奨学生 4名<10月7日-11月22日>
●ベトナム 貿易産業省派遣研修員 3名<10月14日-11月11日>
●シンガポール 「持続可能なファッションデザインコンクール」受賞者3名<11月2日-9日>
●オーストラリア メトロポリタン・サウス・インスティテュート・オブ・テーフ(MSIT)政府奨学生13名<11月3日-11日>
●韓国 釜山教育庁日本語教員 12名<1月3日-21日>