学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

タイ ランシット大学×文化学園 学生作品交換展示会

(2009年7月21日-30日)

2009年8月11日 更新

 本年6月、タイのランシット大学(Rangsit University)で本学学生のファッションデザイン画が展示されましたが、それに続く7月21日(火)-30日(木)、今度はランシット大学の学生作品を本学遠藤記念館コスチュームギャラリーに展示しました。ランシット大学美術デザイン学部ファッションデザイン学科はタイのファッション系の学科のなかでも学生数が多く、最大規模を誇ります。展示を見た学生は「デザインがとても素敵で驚いた」との感想がありました。互いの展示を通して、学生の今後の作品研究につながることが期待されます。


インド マラン繊維大臣が来園

(2009年7月21日)

2009年8月11日 更新

 7月21日(火)、インドのダヤニディ・マラン繊維大臣をはじめとするインド繊維省関係者や繊維業界関係者23名が本学に来訪し、本学院の生産管理実習室のほか、リソースセンターや服飾博物館を見学しました。インドの繊維産業は同国経済において非常に重要な地位を占めています。今回の日本におけるファッションや繊維関連の教育現場の視察が、インドと日本の人材育成という観点からの交流につながることが期待されています。


留学生センター ゆかた、おりがみ体験会

(2009年6月17日、7月15日)

2009年8月11日 更新

 文化学園に在籍する留学生を対象に、日本の文化を深く知るために「おりがみ」と「ゆかた」の体験イベントを行いました。特に7月15日(水)のゆかた体験は人気で、17名の定員を超える応募がありました。留学生センターでゆかたの着付けについてのDVDを見た後、和室でスタッフに教えてもらいながらゆかたを着ました。留学生たちはお気に入りのゆかたをまとって満足気に、学園内や近隣の公園を歩いたり写真を撮ったりしました。また、週末の花火大会にむけて、何度も帯を結ぶ練習をしていました。


夏期日本文化研修プログラム 台湾 実践大学が来園

(2009年7月6日-9日)

2009年8月11日 更新

 文化学園の提携校である台湾の実践大学(高雄キャンパス)から服飾デザイン・経営学部の学生15名と教授3名が来園し、日本のファッションについての講義やニードルパンチ、金工などの実習、そのほか料理実習や日本語会話などの授業を受講しました。ファッションを専攻する学生たちは非常に熱心に授業に取り組み、7月9日には全員が無事、修了証を手にすることができました。


夏期日本文化研修 マレーシア リムコックウイング大学来園

(2009年7月5日-8月3日)

2009年8月11日 更新

 昨年、文化学園と提携を結んだマレーシアのリムコックウイング大学の学生5名と講師1名が研修のため来日し、約1ヶ月間東京に滞在して文化学園で研修を行いました。ファッションを専攻している学生たちは、日本にインスピレーションを受けた作品を制作したり、本大学付属杉並高校を訪問したり、ゆかたを着て江戸東京たてもの園を訪れたり、日本でのさまざまな体験を満喫して帰国しました。