学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー
<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >>

アンドレア・ザップ「世界をとらえる」展開催

2016年2月26日(金)~3月4日(金)

2016年3月16日 更新

 ドイツ出身のデザイナー、アンドレア・ザップ氏の作品展を開催しました。
 本学と提携校である英国のマンチェスター・メトロポリタン大学(MMU)の上級研究員でもあるザップ氏は、自然や都会の風景など自らが撮影した画像をパターンにマッピングし、独自の衣服の世界観を生み出しています。
 今回の展示では、ザップ氏の展開するレディースウェア・ブランド「AZ.」から、建築やモダンアートからインスピレーションを得てそのイメージをプリントとファッションに落とし込んだ作品12点を展示しました。
 訪れた学生や関係者は、モダンアートを眺めるように、さまざまな角度から一つ一つの作品を鑑賞していました。


台湾 稻江高級護理家事学校 短期研修受入れ

2015年12月8日(火)~11日(金)

2015年12月22日 更新

 台湾の稻江高級護理家事学校(家政高校)から、生徒22名、教員1名が来日し、本大学で4日間の短期研修を行いました。研修では、「つまみ細工のかんざし」「型染め手ぬぐい」「きものの話とゆかたの着付け」などの実習のほか、ファッションビジネスやデザイン画などの授業も受講し、特に和の文化について深く学ぶことができました。


グローバルファッションセミナー⑨開催

2015年12月8日(火)、10日(木)

2015年12月15日 更新

 イギリス出身で、デザイナーでありバイヤーとしても活躍しているジェーミ・ラッソン(Jaime Russon)氏によるワークショップ「デジタル・ドレーピング(Digital Draping Workshop)」を2回に分けて開催しました。
 ワークショップでは、12名の参加者がプロジェクタでさまざまな素材画像をボディに映し込み、そこから新たな形やカットの表現を引き出す着想法を体験しました。
 これまで経験したことのない発想法に、参加した学生たちは強い興味を持って取り組んでいました。


グローバルファッションセミナー⑧開催

2015年11月20日(金)

2015年11月25日 更新

 イギリス出身のデザイナーで、セントラル・セントマーチン芸術大学オンラインコースの教授でもあるキレン・パシー(Kiren Passi)氏をお迎えし、「デザインの重要性(Design Matters)」をテーマにした講演会を開催しました。
 参加した学生と教員約40名を前に、パシー氏はファション業界で自らが重ねてきた10年のキャリアやレディースウェアにおけるエシカルデザインの重要性について語りました。


クウェート大使からの衣装贈呈式

2015年11月16日(月)

2015年11月20日 更新

 駐日クウェート大使ご夫妻が本学を訪れ、本大学にクウェートの伝統衣装を寄贈されました。寄贈されたのは、シルクシフォンに金糸の刺繍が施された「アフ・マンスール」と呼ばれるドレス。婚礼や子供の誕生を祝う祭礼や国の祝賀行事など、特別な祝祭の催しに女性が着用するもので、今後、本服飾博物館に所蔵されることになりました。
 写真は、アブドゥルラフマーン・アルオタイビ大使(右)とジャミーラ夫人(左)、大沼 淳理事長(中央)。



<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >>