学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー
<< Back 1 2 3 Next >>

韓国 釜山教育庁日本語教員 短期研修

2014年1月8日(水)-28日(火)

2014年2月28日 更新

 昨年に続き今年も釜山教育庁の依頼により、韓国の中学・高校の日本語教員15名に向けた日本語教育法に関する短期研修を実施しました。
 今回も文化外国語専門学校日本語教師養成科の先生方にご指導いただき、おもに午前中に日本語の授業を受講しました。午後はガイドの案内で品川宿や人形町など江戸東京の街歩きをしたり、重要文化財の古民家で茶道体験をしたりと日本の文化を深く学ぶことができました。
 参加者は積極的な態度で授業や校外研修に臨み、充実した研修となりました。


マンチェスター・メトロポリタン大学と提携校調印

2014年1月16日(木)

2014年2月3日 更新

 イギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学(MMU)のエジンガード副総長代理が来園し、本学園と提携校調印式を行いました。
 MMUはイギリス最大規模の大学の一つで、特にファッションデザイン分野で英国の繊維産業に大きく貢献してきました。アレキサンダー・マックイーンの後継者であるサラ・バートン氏をはじめとする優秀なグローバルリーダーを輩出していることでも知られています。
 今後はこれまで以上に活発な教職員・学生交流を目指しています。


韓国 建国大学大学院作品展「ABC展」

2013年12月4日(木)-6日(金)

2013年12月20日 更新

 韓国の建国大学大学院生の作品展を開催しました。これは同大学の一般大学院衣類学科とデザイン大学院ファッションデザイン学科の院生らが共同で行う展示会で、「ABC」とは「アパレル・ボディ・コンストラクション(Apparel Body Construction)」の略です。
 2010年に続き本学で2度目の展示となる今回は、モノトーン系の色味を押さえた10点のコスチューム作品と12点の作品写真がC館エントランスに配置されました。
 技巧を凝らした作品の数々に、学生や教職員は足を止めてながめていました。


インド国立ファッション工科大学と提携校調印

2013年11月25日(月)

2013年11月28日 更新

 インド国立ファッション工科大学(NIFT)のゲラ理事長、インド繊維大臣のラオ氏、ワドワ駐日インド大使ほか関係者11名が来園し、提携校の調印式を行いました。
 NIFTはインドのファッション教育・研究施設として1986年に設立。学生数は約7,000人で、キャンパスはニューデリー本部のほか、バンガロール、コルカタなどインド15か所にあります。
 インドのファッション教育機関の中でも各分野でトップレベルを誇るNIFTとの提携を足掛かりに、今後も海外交流プログラムの多様性を図ります。


英語カフェ、にほんごカフェを開催!

2013年9月-11月の毎水曜日

2013年11月28日 更新

 春に参加した学生からのリクエストもあり、9月と11月に「にほんごカフェ」を6回、10月には「英語カフェ」を3回開催しました。
 いずれの回も5〜10名前後の学生が集まり、日本との学校の違いなどの話題で盛り上がっていました。
 「にほんごカフェ」では10月に外語に入学したばかりの留学生が辞書を片手に一生懸命話す姿が印象的でした。
 「英語カフェ」には短期研修中のNTU大学院生4名も参加し、イギリスと日本の学生生活を披露し合うなど、楽しい時間があっという間に過ぎていきました。



<< Back 1 2 3 Next >>