学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー
<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >>

サンクトペテルブルク国立技術デザイン大学と提携校調印

2013年3月18日(月)

2013年3月20日 更新

 ロシアのサンクトペテルブルク国立技術デザイン大学(SUTD)の学長ほか2名が来園し、日露両国のファッション産業の振興と両校の交流を図るために、本学園と提携合意書を取り交わしました。
 SUTDは1930年創立。約12,000名の学生を擁するデザイン分野に特化した総合大学で、テキスタイル・ファッション、コスチュームデザイン、グラフィックデザイン、応用芸術など12の学科と3学部のほかに9つのスクールを含む127のプログラムを運営しています。
 今後も学生と教員のさらなる学術交流が期待されています。


韓国 釜山教育庁日本語教員 短期研修

2013年01月08日-26日

2013年1月25日 更新

 韓国の高校で日本語を教える教員13名が釜山教育庁から派遣され、文化外国語専門学校(BIL)で日本語教授法の研修を行いました。
 午前中はBIL日本語教師養成科の教員による授業を受講し、真剣な態度で学習に臨みました。また、校外研修として杉並アニメミュージアムや江戸東京博物館、相模原の重要文化財石井家住宅等に出かけ、日本語と日本文化をさらに深く学びました。


英語による講座「メディア・リテラシー」

2012年11/5-12/20の木曜日

2012年12月25日 更新

 氾濫する情報から必要な情報を取捨選択し、メディアを使って発信する能力(メディア・リテラシー)を磨くこと、またそれを英語で発信する力を養うことを目的に特別講座を開催しました。
 オランダのアムステルダム大学のアネケ・ベアケンス(Anneke Beerkens)氏を講師に、AFPワールドアカデミックアーカイブを利用したイメージの検索方や活用術、効果的なプレゼンテーションの方法などを11月15日-12月20日の毎木曜日、5回にわたって学びました。参加者は8名。最終的に各自が決めたテーマで堂々と英語によるプレゼンテーションを行いました。


4校合同バドミントン交流会

2012年12月4日

2012年12月20日 更新

 大学バドミントン部の協力により、文化学園4校(文化学園大学、文化ファッション大学院大学、文化服装学院、文化外国語専門学校)の留学生と日本人学生の交流を目的にしたバドミントン交流会が開催されました。J館体育館に留学生23名、日本人学生10名の計33名が集合し、4つのチームに分かれてダブルスのチーム対抗戦を行いました。
 ちょうど台湾から研修のため滞在していた新竹光復高校の生徒11名も参加し、試合後の茶話会でも軽食を食べながらにぎやかに盛り上がりました。


台湾 新竹光復高校 短期研修

2012年12月2日-15日

2012年12月20日 更新

 台湾の新竹光復高等中学校(高校)から11名の生徒が来校し、約2週間の研修に参加しました。今回は文化学園大学で「熱転写によるプリント実習」「ゆかた着付け体験」「Tシャツ製作実習」等の授業を受けたほか、江戸東京博物館や江戸東京たてもの園などの校外研修にも出かけました。
 特に初めてのTシャツ製作では、ミシンの扱い方にとまどう姿もみられましたが、先生にお手伝いいただきながら全員が自分の作品を作り上げることができました。



<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >>