学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー

2017 グローバル・ファッション・セミナー③

2017年6月8日(木)

2017年6月14日 更新

 米国のニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)から、国際部副部長のヘレン・ゴーデット(Helen Gaudette)氏をお招きし、FITでのファッション教育や卒業生、FITの国際的な取り組み、キャンパスの様子などについてお話いただきました。ちょうどFITの学生の日本文化研修で来日している引率教員が通訳を務めてくださり、会場に集まった60人余りの本学教員や学生にもFITの様子がよく伝わったことと思います。
 学内で日本文化研修中のFITの学生たち11名も参加し、セミナー後半でFITで学んでいることやニューヨークでの生活などを紹介してくれました。
 最後に、2年前に特別留学制度を利用して本学からFITに1年間留学をした学生による留学体験談があり、FITでの留学生活を振り返っての貴重な話を聞かせてくれました。今後、FITをはじめとする米国への留学を考えている学生にとって、経験者の生の声を聴く貴重な機会となりました。


特別留学プログラム説明会

2017年6月7日(水)

2017年6月8日 更新

 本学園と海外提携校(米FIT、英NTU、英AUB)との間には、休学することなく半年間または1年間の海外留学ができる特別留学プログラムがあります。このプログラムを紹介する説明会を文化学園大学国際ファッション文化学科の1,2年生約40人を対象に行いました。
 説明会に先立ち、昨年度英国のAUB(アーツ・ユニバーシティ・ボーンマス)に当プログラムを利用して留学した学生からの報告もあり、充実した留学体験のようすが紹介されました。
 特別留学プログラムに関心をもつ学生からの質問もたくさんありました。日本人学生の海外留学への関心が低下傾向にあるといわれる昨今ですが、参加した学生たちは非常に関心が高いようすで、来年度のプログラムへの多数の申し込みが期待できそうです。
 特別留学プログラムに関心をお持ちの方は、本サイトの「海外留学」のボタンをクリックして募集要項をご確認ください。また、質問や相談のある方は、お問合せフォームからご連絡ください。


2017 グローバル・ファッション・セミナー②

2017年5月25日(木)

2017年5月26日 更新

 パリのパターン制作専門学校、アカデミー・アンテルナショナル・ド・クープ・ド・パリ(AICP)から、学校長のジャン・フィリップ・ヴォ―クレー(Jean-Philippe Vauclair)氏をお招きし、「パリの一流メゾンを支える素晴らしき日本人パタンナーたち」と題して、現在パリで活躍している日本人卒業生(鈴木健次郎、中田優也)とフランス人卒業生(Olivia Douchez)の事例を紹介しながら、ヨーロッパのファッション業界が求める人材像についてお話いただきました。
 セミナーでは、ヴォークレー校長のお話をAICP事務局長の吉田氏が日本語に逐次通訳し、参加した70人を超える教職員と学生はメモを取りながら熱心に聞いていました。成功した3人にいえること、そして最も大切なことは「夢を持ち続けること、コミュニケーション力、技術力」というメッセージが印象的でした。


2017プレゼン・セミナー②「実践!プレゼンテーション」

2017年5月16日(火)

2017年5月17日 更新

 5月2日に開催した第1回のセミナーでは、たくさんの学生と教員の皆さんにご参加いただき、基礎的なプレゼンテーション技法を学びました。
 2回目の今回は、2人の学生が、先日教わったことを取り入れて10分以内のプレゼンテーションを実践し、講師のヒートン氏がフィードバックを行いました。
 発表者は文化学園大学服装社会学科の4年生と文化服装学院のファッション工科基礎科の1年生。それぞれ「和柄、サマージャケット―私が和柄で洋服を作った理由」「自然に学ぶ未来の技術」というテーマで発表しましたが、2人とも堂々と、理路整然と話を進めることができ、講師のヒートン先生からも高評価をいただきました。
 国際交流センターでは、今後の第3回(6月13日)、第4回(6月27日)、第5回(7月11日)での発表者も募集中です。
 プレゼンテーションは慣れることが上達への近道です。学内の皆さま、ぜひ参加してください!


2017プレゼン・セミナー①「世界に通じるプレゼンテーション技法」

2017年5月2日(火)

2017年5月8日 更新

 3月に実施して好評をいただいたプレゼン・セミナーを拡大し、5月から5回シリーズでプレゼンテーションの基礎講座を開催することになりました。
 講師は前回と同じくバークレーハウス語学センターのキャロリン・ヒートン(Carolyn Heaton)氏。
 第1回のセミナーでは、プレゼンの準備やプレゼンの構成、魅力的なプレゼンにするためのテクニックなど、プレゼン成功のためのコツを教えていただきました。
 セミナーには45名の学生と教職員が参加し、「今日の話を作品発表の時に生かしたい」「とてもためになった」など前向きな感想が寄せられました。