学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センターは、歴史ある海外留学の窓口です。

メニュー
<< Back 1 2 3 4 Next >>

グローバル・ファッションセミナー⑱

2019年3月22日(金)

2018年3月26日 更新

 ファッション界の最前線で活躍するパリのデザイナー、クリステル・コシェ(Christelle Kocher)さんをお迎えし、セミナーを開催しました。コシェさんは文化服装学院の学生がヨーロッパ研修旅行で訪れるパリでも文化生限定の講演をしてくれていますが、今回も東京ファッションウィークで多忙なスケジュールの合間を縫って来校してくれました。
 真っ赤なシャツに黒のジャケットを羽織って颯爽と講義室に現れたコシェさん。教壇に上がると英語でゆっくりと話し始めました。決して順風満帆ではなかった長い下積み時代の経験のほか、彼女のブランド「KOCHE」を立ち上げるまでの体験談、そして2019年秋冬のパリコレクションのビデオを見ながら、ファッションとクリエイションへの熱い思いなどを語ってくれました。参加した学生と教職員は約40名。皆、コシェさんの話にひき込まれるように熱心にメモを取りながら聴いていました。


「Made in Italy」デザインコンテスト 最終審査会&授賞式

2017年12月12日(火)

2017年12月13日 更新

 イタリア発祥のブランド5社の協力のもと、「接客・観光」「インテリア・家具デザイン」「食品」「交通・ライフスタイル」「ファッション」の各分野で異なるテーマのデザインアイデアを募集する「Made in Italy」デザインコンテストを本学園の在学生を対象に開催しました。
 9月26日(火)の説明会後、応募総数86点から各部門のファイナリスト各2名が12月4日(月)に決定。12月12日(火)には国際会議室にて公開最終審査会が行われ、各部門1位とグランプリを受賞した学生に賞状と副賞が贈られました。


2017 グローバル・ファッションセミナー ⑦⑧⑨

2017年11月9日(木)、15日(水)、22日(水)

2017年11月24日 更新

 11月はイタリア週間!ということで、イタリアの3つの名門ファッションスクールから3名の教員が来訪し、英語によるセミナーを開催しました。
 11月9日(木)はIED学院バルセロナ校校長で社会学者のアレッサンドロ・マネッティ(Alessandro Manetti)氏による「ファッションのメガトレンド・マップ(Fashion Mega Trends Map)」、11月15日(水)はポリモーダのダニエレ・ダヴィッティ(Daniele Davitti)教授による「創造的、発散的思考(Creative & Divergent Thinking)」、11月22日(水)にはマランゴーニ学院上海校講師のマッテオ・レンツォッティ(Matteo Lenzotti)氏による「イタリア的デザイン発想(The Italian Creativity)」をそれぞれ開催しました。
 特に日本語の通訳が入った最後のセミナーには約40名の学生と教員が集まり、イタリアンデザインの成り立ちと独自性についての話に熱心に耳を傾けていました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー⑥

2017年9月28日(木)

2017年9月29日 更新

 ビジネスシーンからフォーマル、カジュアル、レディスまで、新しい着こなしを提案するブランド「オリヒカ」。昨年に続き今回も、英国人クリエイティブディレクター、サリーム・ダロンヴィル(Saleem D'Aronville)氏をお迎えし、英語によるセミナーを開催しました。
 テーマは「現在、過去、未来のクリエイティブ・ディレクション(Past, Present , Future Creative Direction)」で、英国人のダロンヴィル氏ならではの視点で日本での仕事やクリエイティブシンキングなどについて、お話ししていただきました。集まった学生は12名程度でしたが、質疑応答が活発に交わされ、充実した内容のセミナーとなりました。


2017 グローバル・ファッション・セミナー⑤

2017年9月12日(火)

2017年9月20日 更新

 チリのテキスタイル専門家、サンドラ・コピア(Sandra Coppia)氏を迎え、「南米アンデス地方のテキスタイル―先コロンブス期から現在まで(Textiles from The Andes-from Pre-Columbian times to now)」をテーマに英語によるセミナーを開催しました。
 アンデス地方のテキスタイルや自然の染料で染められた糸など実物資料を用いてのお話は大変興味深いもので、学生たちも手で触感を確かめながら耳を傾けていました。



<< Back 1 2 3 4 Next >>